無機フッ素塗料
劣化が早い屋根にこそ
株式会社熊本装建
見積り・相談は何度でも 無料 です。

屋根の劣化

屋根の塗り替えは屋根材によっても異なります。例えば近年より利用されているスレートであれば、5〜10年程度での塗り替えが目安です。セメントはスレートよりも耐用年数が長く、比較的長持ちします。それでも、屋根は劣化が進むため10年程度を目安にするとよいでしょう。

ガルバリウム鋼板はさらに耐用年数が長く、15年〜25年が塗り替えの目安です。しかし、高温多湿な環境に弱く場合によってはより早く塗り替えをする場合があります。このように、屋根材によっても塗り替えのタイミングは大幅に異なります。

 

屋根は雨風、紫外線などが直接当たることから劣化が進みやすい場所です。塗装の効果が落ちると耐久性が落ちるため、建物が劣化しやすくなるので早めの相談がおすすめです。

 

Check!
ドローンの使用ができるようになりました!
ドローンを使用するには国土交通省への申請が必要です。
Point

無機フッ素塗料

一般的な塗料は有機塗料と呼ばれ、石油などの有機物(炭素を含むもの)を主成分とした樹脂を使用しています。

アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素などの樹脂がこれにあたり、塗膜の基本性能は樹脂によって大きく左右されます。色あせやチョーキングなどの塗膜の劣化事象は、この有機物が原因となり発生します。

一方、無機塗料は、鉱物やレンガ、ガラスなどの無機物(炭素を含まないもの)を配合して作られた塗料です。一般的にはセラミックやケイ素などの無機物を主成分とした塗料のことをいいます。

無機物は紫外線で劣化しないため、無機物自体は半永久的な耐久性を持っています。
無機物を100%使用して塗料を作ることができれば、半永久的な寿命を持つ塗料を作ることも可能です。ビルのガラスが何十年経っても、劣化しないのと同じことです。

しかし実際にはそれでは固すぎて塗料として使用することができないので、無機物の耐久性を活かしつつ、有機物を混ぜて作った塗料が無機塗料です。

しかし無機物が何パーセント以上含まれていたら無機塗料というのか、という定義は特にありません。
無機塗料には様々な種類があり、中には質の良くないものや効果が実証されていない無機塗料を高額な値段で勧めてくる悪質な業者もいます。

少しでも無機物が含まれていれば無機塗料と呼ばれていることがあるので、無機塗料を選ぶ際には注意が必要です。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-951-141 0120-951-141 096-342-4832 096-342-4832
受付時間:10:00~19:00
Access

外壁塗装工事の他屋根工事にも携わっており熊本市内の多くの現場で対応しています

概要

店舗名 株式会社 熊本装建
住所 【第一事務所】
熊本県熊本市北区室園町18-44
フリーダイヤル 0120‐951‐141
固定番号 096-342-4832
営業時間 8:00~18:00
最寄り 熊本市を中心に県内

アクセス

住まいのお困りごとを解決に導くことを目標に、外壁塗装・屋根塗装をメインに手掛けています。熊本市内をはじめとして県内で幅広く活動を続けており、リーズナブルかつ高品質を実現した施工で、数多くの施工実績を誇ります。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事