News

外壁塗装で失敗しない為に

失敗しないコツは?

塗装工事をを行う会社の仕組み

現在たくさんの塗装会社がいるなかで、外壁塗装はハウスメーカー、建設会社、工務店、ホームセンター、訪問販売、塗装会社などさまざまな会社が行っています。この中で塗装会社以外は多額の中間マージンが発生し施工は下請け業者に安い価格で請け負わせるといった仕組みです。ハウスメーカーや訪問販売の会社は通常の35坪程度の家の外壁塗装のみで工事代金が200万円を超えるといった例も当たり前のようにあります。しかし実際に施工を行う下請け業者は30~40万円で請け負ういう仕組みです。これではお客様がお支払する工事代金と、実際に施工する工事代金に差が発生し、実際に支払った工事代金に見合った施工がされないといったトラブルが発生するのです。これらをなくし、工事代金以上の施工内容をお客様に提供し、絶対に失敗しない外壁塗装を提供するのが我々のような自社職人にて施工を行う自社施工の塗装会社の強みなのです。

外壁塗装の失敗は防ぐことができます。

見積書、単価から見抜く

無料相談にて様々な知識を教えます!

外壁塗装で失敗したと思う原因で一番多いのが工事代金です。はっきり言いまして、工事代金は塗料によってかなり差がでますし、これが正解!といった金額などないので、会社によってかなりの差がうまれます。しかし、たとえ高額であったとしてもそれに見合った施工がなされるのであれば、全く問題はないのです。よく訪問販売の会社などが使う手口で、弊社のオリジナル塗料は30年もちますなどと言うようなことがあるらしいのですが、100歩譲って本当に30年もったとしても、外壁のみが30年もってもダメですよね?家には外壁、屋根のほかにも雨樋や破風、軒天など塗装可能な付帯部分が数多くあります。これらは一部の塗装不必要なものを除けば塗装により美観、耐久性を維持しているものです。たとえば外壁だけ30年もっても10年後に軒天が腐ってきたり、破風がぼろぼろになったりといったことがよくあります。外壁とおなじように付帯部分も重要なので、外壁のオリジナル塗料だけをすすめる会社はおすすめしません。その場合は御見積書に付帯部分の塗料はなにを使うかきちんと記載してもらいましょう。ウレタンやシリコンといったあいまいな記載では何の塗料なのかわからないので、きちんと塗料名を記載していただくのがよいでしょう。単価も外壁塗装1式とかではなく、外壁の下塗りはいくらか、上塗りはいくらか、雨樋はいくらなのかがわかるような詳細な御見積書を作ってもらいましょう。逆に塗料名、施工内容、細かな単価などが記載してある場合は安心できるといえるでしょう。設計単価などはお客様でも調べることができる時代です。ですので失敗は防ぐことができるのです。弊社は無料相談にて単価のことや塗料のことなどについて何でもお答えいたしますので是非お気軽にお問合せください。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-951-141 0120-951-141 096-342-4832 096-342-4832
受付時間:8:00~18:00
Access

外壁塗装工事の他屋根工事にも携わっており熊本市内の多くの現場で対応しています

概要

店舗名 木庭建装
住所 【第一事務所】
熊本県熊本市東区渡鹿8丁目12-34

【第二事務所】
熊本県熊本市坪井2丁目10-10-902
フリーダイヤル 0120‐951‐141
固定番号 096-342-4832
営業時間 8:00~18:00
最寄り 熊本市を中心に県内

アクセス

住まいのお困りごとを解決に導くことを目標に、外壁塗装・屋根塗装をメインに手掛けています。熊本市内をはじめとして県内で幅広く活動を続けており、リーズナブルかつ高品質を実現した施工で、数多くの施工実績を誇ります。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事