サンプルテキストサンプルテキスト
サンプルテキストサンプルテキスト
店舗名など
サンプル 強調 サンプル サンプル

外壁材

家を建てて10年‥そろそろ塗り替え時かなあ‥

そんなご相談もたくさんいただきます。

 

日本は高温多湿であることも関係し、

住宅の木材が傷みやすい環境ともいえます。

 

大切なお家を守るために定期的なメンテナンスをし、

風雨・紫外線から家を守ることが大切です😊

 

 

日本の住宅の約80%が窯業系サイディングボード。

窯業系サイディングボードの主成分はセメントの為、

防水性能は全くありません。

 

窯業系サイディングボードは

 

・デザインのバリエーションが豊富なので外壁を理想のイメージに近づけられる

・火災を抑制する性能である防火性能が高い

・重量が軽く、地震発生時などに住宅にかかる負担を軽減できるため、耐震性に優れているといえる

施工が楽なので工事期間を短縮でき、その分工事費用も安くなる

・導入コストが安い

・工場で同じ品質のものを製造するので品質が安定している

 といったメリッがありますが、

防水性能がないため、防水塗装が必要である

・熱を吸収しやすいため、夏は外壁の表面温度が高くなる

などのデメリットもあります。

 

そのため、出荷時に塗装を行い、防水性を持たせていますが

その防水性能は5~7年で切れてしまいます。

ですので、いくら新築であっても

10年ほどで塗装のタイミングがやってくるのです😭

 

ですが!!新築時に選べなかった事‥

塗料の種類!!塗り替え時には選べます!!

色ももちろん選んでいただけますが、

塗料の種類によってこれからの10年が変わります🏡✨

塗膜が劣化すると‥
Point

防水塗装

外壁塗装の他にも

大切な塗装工事があります。

 

防水工事は、主に、ベランダ・バルコニー・屋上で防水のために行う工事を指します。
防水剤や防水シートを重ね合わせた「防水層」と呼ばれるもので床の表面をおおい、雨漏りを防ぐ工事です。

塗装工事は、屋根や外壁、ベランダやバルコニーの床を塗装する工事です。
家の外観をいろどるのはもちろん、表面を塗料でおおって紫外線や水のダメージから保護することで、外壁や屋根の状態を良好に保つ役割があります。

ベランダやバルコニーの床は、防水層のうえから塗装をされていることが多いです。
防水層を塗料でコーティングすることで、防水層が雨や紫外線のダメージを受けにくくなる効果があるのです。

 

ベランダ・バルコニー・屋上は、傾斜がないため屋根や外壁のように雨水が自然に流れていかず、雨漏りしやすい箇所の1つ。

家を建てる時点で、これらの場所には防水工事が施工されます。

防水工事で主な工法は、次の4種類です。

【ウレタン防水工法】ウレタンを主原料とするねばりけのある液状の材料で防水層を作る工法です。
材料が乾燥して固まると、弾力のある防水層ができます。
木造住宅のベランダ・バルコニーで最もメジャーな工法です。

 

【FRP防水工法】ガラス繊維のシートと、樹脂を主原料とする液状の材料を重ね合わせて防水層を作る工法です。鉄骨造や鉄筋コンクリート造の建物で施工されることが多いです。

 

【シート防水工法】合成ゴムや塩化ビニルの防水シートを敷きつめて固定することで防水層を作る工法です。屋上で施工されることが多いです。

 

【アスファルト防水工法】アスファルトを原料とするアスファルトシートを敷きつめて固定することで防水層を作る工法です。屋上で施工されることが多いです。

 

ウレタン防水工法とFRP防水工法は、防水層を保護する目的で「トップコート」と呼ばれる塗料が上から塗られています。
このトップコートを定期的に塗りかえることで、防水層が塗料で保護されている状態を維持し、防水層の劣化を防ぐことが可能です。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-951-141 0120-951-141 096-342-4832 096-342-4832
受付時間:10:00~19:00
Access

外壁塗装工事の他屋根工事にも携わっており熊本市内の多くの現場で対応しています

概要

店舗名 株式会社 熊本装建
住所 【第一事務所】
熊本県熊本市北区室園町18-44
フリーダイヤル 0120‐951‐141
固定番号 096-342-4832
営業時間 8:00~18:00
最寄り 熊本市を中心に県内

アクセス

住まいのお困りごとを解決に導くことを目標に、外壁塗装・屋根塗装をメインに手掛けています。熊本市内をはじめとして県内で幅広く活動を続けており、リーズナブルかつ高品質を実現した施工で、数多くの施工実績を誇ります。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事